--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/11/30 (Wed) むふふー

肛門科にいってきました(=´∇`=)
お下品なお話なので、読みたい方は下からどうぞ( ゚д゚)ノ


スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(2) |


2005/11/29 (Tue) FFコンサートチケットきたー

一階だ!やったー

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/28 (Mon) 公式完成

植松さんの立ち上げたSMILE PLEASEの公式サイトがようやくオープンしました。みんなもみてね、このオヂさん面白いから(=´∇`=)

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/26 (Sat) 罰箱

植松さんのコラム目当てに買った今週号のファミ通。巻頭開いてビビりました。坂口博信氏率いるミストウォーカーが製作中のX-BOX用新作『ロストオデッセイ』と『ブルードラゴン』の最新情報がドババーっと掲載されていたんですよ、これが。

まずはロストオデッセイの製作スタッフ。キャラデザが『スラムダンク』の井上雄彦、シナリオに重松清(岡山人)そしてそして、音楽担当は我らが植松ノビヨ師匠(*'-') 製作総指揮に坂口氏ときました。いやぁ、久々のタッグですなー。例えるならBOOWYのロックとクレイジーギターが再び競演するってところでしょうか。
更にオープニングムービーを『踊る大捜査線THE MOVIE』の本広克行氏が手がけるという金の掛けよう。やっぱりバックボーンは偉大だね、ゲイツ(σ´Д`)σ

お次はブルードラゴン。LOはとうってかわってほんわかムード。キャラデザはこちらも大御所の鳥山明。なんかジャンプの作家ばっかりだね。次は漫☆画太郎ですか('д')?
冗談は置いときつつ、音楽担当はこれまた植松さん。まるでディスクシステム時代に逆戻りしたかのような掛け持ち制作。なんだか贅沢じゃないですか(=´∇`=)

とにかくこれはプレイしなくちゃイイ(・∀・д・)クナイ!
X-BOX買って懺悔しよう。

日記 | trackback(0) | comment(2) |


2005/11/24 (Thu) ノビヨとおれ

来年2月に開催される『VOICES』コンサートに伴い、様々なメディアで植松さんのインタビューが掲載され、なんと11/25からはファミ通での連載も何年かぶりに復活するということで、自分の中のノビヨ熱が俄かに活気付いる今日この頃。

そんなこんなで、今回は自分が植松さんの音楽と出会った頃を回想してみようかなーと思い立って久々に手をつけました。かなり長いです。しかも途中から本題とズレずれにズレ、強引にまとめています('д') 自己満足で書きました。許してください。ゆるしてkds



自分がノビヨファンであると自覚してから、かれこれ10年以上になります。当時はまだランドセルを背負って小学校に通う小さな子供でした。ある日、FF4で遊んでいた兄貴が興味をもって買ってきた『ケルティック・ムーン』というFF4のアレンジアルバムを聴き、深い感銘を覚えたのです。このアルバムはアイルランドのトラディショナル・ミュージックをフィーチャーした作品で、当時は日本でもまだまだ知られていなかったアイリッシュ音楽を、親しみあるFF4のサウンドにアレンジしたものでした。本場ダブリンにおいての生録音、しかも全曲一発録りという試みが、楽器の音色に温かみを与えていて気持ちが安らぎます。

アイルランドでは町中のいたるところで音楽のセッションが行われているそうですが、そういった身近に音楽のある環境に、自分はとても憧れます。

日本でいうと、やはり真っ先に思い浮かぶのは沖縄ですね。FF10では奄美大島の歌姫RIKKIさんが主題歌をつとめ『素敵だね』を歌ってくれました。自分も先日沖縄に行ってきましたが、いたるところで三線の音色や歌声が響いていました。ここならどれだけ落ち込んでもすぐに立ち直れる。そんな気分にしてくれる温かい街でした。

もうひとつ、沖縄とアイルランドの話題を挙げると『ナビィの恋』という沖縄を題材にした映画に、フィドルを持ったアイルランド人(実際はカナダの方)が登場します。陽気な彼は沖縄の人々とセッションをするのですが、これがまた素晴らしくカッコイイ。かの有名なリバーダンスを彷彿させるかのような激しいビートに自らタップを踏むその姿からは、今やエンヤに代表されるような『癒しの象徴』とは全く逆の、躍動感あふれるアイリッシュミュージックの一面を垣間見ることができます。

沖縄もアイルランドも、音楽のある風景というのは、そこに立っているだけで気持ちが踊り出しますね。


自分が考える植松伸夫という人物は、とても感性豊かで先見性に長けた作曲家であると、勝手ながらに考えています。これはもう植松さん自身の人柄と感性による部分が大きいでしょう。次回作・FF12の主題歌にはデビュー間もないアンジェラ・アキさんを抜擢しましたが、彼女もまた、来年の台風の目になるとメディアが注目しているアーティストだそうです。

しかし本音はというと、あまり有名になって欲しくなかった。長年のファンの心理といいますか、ゲームをやる、やらないに関わらず、たくさんの人々に植松さんの音楽が届くこと自体はとてもうれしいのですが、その反面、なんだか寂しいそうな切ないような・・・
自分だけの植松さんという思いがどこかにあるのでしょうね。


まだまだ語り足りませんが、そろそろキリをつけないと延々書き続けてしまいそうなのでこれくらいに。ノビヨファンのぶーたんでした。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/11 (Fri) チケットゲッツ(σ´Д`)σ

いやぁよかった(=´∇`=) 明日忘れないうちにお金を振り込んでおこう。

それはそうと、来月の初めにさいたまスーパーアリーナで『White Band FES.』っていうチャリティーコンサートがあるみたい。ミヤやらmisiaやらGLAYなどなど出演するみたいなんですが、【興味があります】

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/06 (Sun) ハッスルみてぇなぁ

先日のハッスル興行をTVでちらっと見れたんですが、HG(・∀・)イイネ!!
インリン様をコーナーに追い込んでの顔面ウォッシュならぬ股間ウォッシュは良いアイディア。
下から三角で締め上げながらの激しい腰振りピストンで失神させて、フィニッシュはお株を奪うM字フォール(´∀`)

本気で試合見たいんですが?

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/05 (Sat) モラル

ヤフトピに『コンビニ怒る ごみ箱封鎖も』という気になる見出しがあったので早速チェックしてみました。コンビニ+ゴミというキーワードで記事の内容は大方予想がついていましたが、簡潔にまとめると

「コンビニを利用しない人が家庭用のゴミや紙おむつ、果てはネコの死骸までをコンビニのゴミ箱に投棄される現状に、あるコンビニの店長は怒りのあまり店を閉店してしまった」

という内容です。

長いことコンビニに携わってきた自分としては、その気持ちが痛いほどわかります。車から降りて買い物に来たのかと思いきや、ゴミだけ捨ててさっさと帰ってゆくというアフォもよく見かけました。そういう人たちはゴミの処理をする人間の立場を理解していません。自分さえよければいいという非常に痛い考えをもっています。他人にケツを拭ってもらわないと満足に生活できない幼稚な思考の持ち主です。


なんだか愚痴っぽくなりましたが、過去には大量のゲロが入ったナイロン袋をゴミ箱に入れようとして失敗し、中身をブチまけて逃げたクソ野郎もいました。店の外ゲロだらけだわ通行人ゲロまみれだわで最悪の状況でしたが、結局掃除するのはこっち。逃げたやつウンコだよ( ´゚д゚`)


そんなことをふと思い出したとさ。

日記 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP |

プロフィール

bt

  • Author:bt
  • 一筆奏上

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。